「可愛い水着が着たい!」とか「今度、彼とお泊りするから、おしゃれな下着を身に着けたいな」などの理由でVIOラインをお手入れすることってあると思います。

女性の中でも特に若い世代の方は、VIOラインのお手入れは当たり前に行われて、「女性のエチケット」とともいえる状況となっています。

VIOラインってどこの部分を指すの?

引用元: https://www.femmy-c.com/lp2/vio/?utm_medium=cpc&utm_source=yahoo&utm_nooverride=1

初めて「VIO」と聞くと身体のどの部分を指すのか全く分からないですよね。「VIO」とは、美容脱毛業界でアンダーヘアを指す業界用語です。

「V」は、正面から見た状態の逆三角形の部分で、「I」は、女性性器の両サイド、「O」は、肛門回りを指しています

VIOは、自分の目で確認しにくいうえに、とてもデリケートな部分です。自己処理しにくいVIOのお手入れの方法を紹介していこうと思います。

VIOラインの部分別処理方法とは?

VIOラインは、それぞれの部分で処理方法や注意点が異なりますので、それぞれの部位に分けて紹介していきますね。

Vライン

 

引用元: https://www.primo-clinic.jp/vio/

自分の目で確認できるため、VIOの中でも比較的お手入れしやすい部分です。ただし、一番目につきやすい部分でもありますので、キレイに整ったデザイン性が求められる部分でもあります。

 

毛の長さや形を整える場合は?

専用のシェーバーがあります。熱を加えて焼き切るタイプのヒートカッタータイプのシェーバーを使用すると、毛先が熱で丸くなりますので、チクチクすることがありません。小型で使いやすいので、お手入れしにくい部分にはぴったりです。

引用元: https://www.primo-clinic.jp/vio/

毛を無くしたい場合は?

形を整えるぐらいの面積を脱毛したいなら、ブラジリアンワックスか除毛クリームを使うとキレイに脱毛できます。カミソリで剃ってしまうと、剃り残しがあったりしてキレイに仕上がりにくいです。

もし、完全無毛状態のハイジニーナにしたいなら、脱毛サロンに通うか家庭用脱毛器を使用しましょう。中途半端に脱毛すると余計に毛が目立ってしまって、キレイに仕上がりません。

Vラインのお手入れを怠ると、見た目が良くない仕上がりになってしまいます。目立つ部分ですので、キレイに整えられる方法を選びましょう。

Iライン

引用元: https://www.primo-clinic.jp/vio/

女性の性器にとても近い場所ですので、超デリケートゾーンです。粘膜に近いため、ワックスや除毛クリームは刺激が強いので、使うのであればお肌に優しいものを使用しましょう。

シェーバー

毛を短くするだけでいいのであれば、シェーバーを利用する方法が一番安全です。カミソリと違って、シェーバーなら手が横に滑っても性器などを傷つける心配がありません。
鏡の前で足を開いて処理できますので、安価で安心して処理できます。

ワックス脱毛

毛根からキレイに脱毛できますので、無毛でツルツルのIラインが出来上がります。しかし、痛みが伴いますし、刺激が強いですので、肌や痛みに弱い方はやめておきましょう。

埋没毛や毛嚢炎(もうのうえん)の原因ともなります。皮膚の薄い部分ですので、肌への負担が大きい脱毛方法です。

除毛クリーム

クリームを塗って、シャワーで流すだけで、簡単にIラインを無毛にできます。価格・手間・痛みを考えると一番手軽にできます。ただし、毛を溶かすほど強力な薬剤です。とても刺激が強いですので、敏感肌の方や粘膜に付着した時のことを考えると避けた方が無難です。

家庭用脱毛器

Iラインを安全に無毛にできます。肌に優しいため、お肌の弱い方も安心して使用することができます。脱毛器本体が高価であることが欠点かもしれません。
VIO以外にも使用できますので、お肌の弱い方やVIO以外の脱毛を自宅で行いたい方は購入してみてはいかがでしょうか?

機械の出力を間違ったり、重ね打ちをしてしまうとやけどをする恐れがありますので、鏡などを使用してきちんとIラインを見ながら機械を使用しましょう。

脱毛サロン

失敗なくキレイに脱毛したいなら、やはり脱毛サロンに通うのが一番です。その分お金がかかりますし、通う手間がありますが、もし何かあっても保証のついているサロンが多いので安心できますよ。

Iラインは、非常に女性器に近い部分ですので、脱毛行為で肌荒れや女性器にばい菌が入ったりなどのトラブルになりかねません。きちんとしたお手入れを行った方が安心です。

Oライン

引用元: https://www.aletheia-clinic.com/depi/oline.html

Oラインは、自分で確認するのが困難な場所です。ブラジリアンワックスや除毛クリームなら、適当に塗ってもキレイに脱毛できるため、お勧めできる脱毛方法です。お肌の弱い方は、肌荒れの原因となりますので、やめておくべきでしょう。

家庭用脱毛器は、キレイに脱毛することができますが、姿勢がきついかもしれません。自分で見えない部分に機械を使って照射するのは難しいため、脱毛サロンで施術してもらう方が、安全で完璧に処理できるでしょう
施術してくれるスタッフはプロですので、恥ずかしがらなくても慣れていますから大丈夫ですよ。

Oラインは、自分の目で確認できない分、失敗の多い部分です。完璧にキレイに脱毛したいなら、脱毛サロンで施術してもらった方がトラブルもなく安心して脱毛できると思います。

VIOラインを自己処理するときの注意点とは?

自分でVIOラインを処理する際の注意点をまとめてみました。

かゆみ

VIOラインを自分で処理すると、チクチクして痒くなったりしたことはありませんか?常にキレイに整えておきたい部分ですが、自己処理し続けると皮膚が薄いところなので、荒れたりしてかゆみを引き起こします

そのため、自分でムダ毛を処理した後は、きちんとケアする必要があります。冷たいタオルや保冷剤で肌を冷やしたり、保湿剤を塗ったりして、お肌をいたわりましょう

お肌が潤っていないと自己処理した時にダメージを受けやすくなります。自己処理する前から、保湿剤などでお手入れしておくと肌トラブルを最小限にできますよ。

生理中のお手入れ

生理中にVIOラインの自己処理はやめておきましょう。生理中はお肌が敏感になっていますし、衛生面でもよくないです。脱毛サロンでも施術を断られる期間です。

お手入れをするときはお肌を温めてから

温めるとお肌が柔らかくなります。そのため、お肌に傷がつきにくくなりますので、色素沈着も防ぐことができますよ。

カミソリは、お肌も一緒に少しだけ削っている状態です。お肌を柔らかくすることによって、削られるお肌を最小限に抑えることができます。

規則正しい生活をする

栄養不足や睡眠をきちんと取れていないなど、生活が乱れていると、身体の中のモルモンバランスが崩れます。

そうすると、女性ホルモンが減少して、男性ホルモンが優位になってしまいます。男性ホルモンは、体毛を増やしますので、規則正しい生活をすることは重要です。

過度なダイエットも要注意ですよ。

まとめ


肌トラブルを起こしてしまっては、キレイなお肌が台無しです。誤った方法でムダ毛を処理するのは、体毛が濃くなったり、埋没毛が増えたり、色素沈着をおこしたりと、お肌トラブルの元となります。正しいムダ毛の処理の方法で対処していくことが大切です。

自分で処理する前に、お肌を温めて柔らかくしてから、ムダ毛を処理するようにしましょう。また、処理した後は、忘れずに保湿ローションなどでお肌をいたわりましょう。自己処理後は、お肌がデリケートになっていますので、できるだけ低刺激の保湿ローションを使った方がいいですね。

もし、自分で処理することが不安なら、脱毛サロンで相談しましょう。脱毛サロンでは、無料カウンセリングを実施しています。スタッフさんに直接話を聞くことで不安な気持ちが収まると思います。