脱毛サロンを選ぶときに、どんなことに注目してサロンを選びますか?

プランの種類や料金など、さまざまなポイントがありますが、チェックして欲しいのが「店舗移動」できるかどうかということ。「店舗移動」とは、契約したサロン以外で施術を受けること。例えば引っ越しなどで住むところが変わった場合に、店舗移動ができるととても楽ですよね。

※スポンサードリンク※

この記事では、まず人気脱毛サロンである「脱毛ラボ」についてご紹介。その後、他のサロンの対応状況についてもご説明します。

店舗移動とは

「店舗移動」とは、登録している店舗以外で、同じコース内容の施術を受けることです。
個人差はありますが、一般的に脱毛サロンは年単位で通うケースが多いですよね。その数年間にさまざまなライフイベントがあると考える方が自然ですから、同じ店舗にずっと通い続けられるとは限りません。そんなときに便利なのが「店舗移動」のシステムです。

どんな手続きが必要か、手数料が発生するのか、という条件はサロンによって異なりますので、利用したいときはスタッフに確認してみましょう。

店舗移動のメリットを知ろう

それでは、店舗移動のメリットを見てみましょう。

引っ越ししてもコース内容を引き継げる

店舗移動の理由として最も考えられるのが、引っ越しによるもの。自身の転勤はもちろんですが、結婚や配偶者の異動などにより引っ越しを余儀なくされるケースも多いですよね。

引っ越しするからと言って、新たに通うサロンを探すのはとても手間がかかります。継続する気持ちもなくなってしまわないとは限りません。ですから、引っ越しをする時には、今まで通っていたサロンと同じ系列のお店に通える店舗移動をぜひ利用しましょう。

旅行先や出張先でも施術が受けられる

長期の旅行や出張があった際にも便利。脱毛は、毛が生えてくるサイクルに合わせた施術が大事ですから、出張期間中に施術を受けるのがベストなのに…と思うこともあるかもしれません

そんな時にはぜひ店舗移動を利用すれば効率よく脱毛を進めることができます。

登録した店舗で予約が取れなくても大丈夫

希望する日に予約がうまく取れなかったとき、通える範囲に他の店舗があるときは、そちらに行って施術を受けることができます

ただし、前述したように店舗移動に手数料がかかってしまうサロンだと、あまりオススメできる方法ではありません。店舗移動に手数料がかかるかどうかをきちんと確認しておくことが大事。

店舗移動の手続きはどうするの?

主に電話や来店時、直接サロンスタッフに店舗移動の希望を伝えるだけで変更できるサロンがほとんど。ただし、カルテの移動などで数日要する場合もありますので、申し出は早めにしておいた方が無難。
また、インターネットで行きたい店舗を予約するだけで手続きが完了するサロンもあります。

店舗移動の注意点

とても便利な店舗移動ですが、サロン選びの条件として店舗移動のことを考える際には、

  • 「手数料がかかるかどうか」
  • 「全国的に展開しているサロンかどうか」

という2点について確認する必要があります。

まず「全国展開しているかどうか」ということですが、当然引っ越した先に店舗がなければ店舗移動はできませんよね。
例えば関東には店舗は多いけれど、そのほかはあまり店舗がないとなると、万が一関東以外に引っ越した場合は店舗移動のシステムを使えない、ということになってしまいます。

※スポンサードリンク※

そして「手数料が必要かどうか」。ここはサロンによって差があります。
無料で店舗移動ができるサロン、1回ごとに手数料がかかるサロンがありますので、きっちり確認しておきましょう。

脱毛ラボの店舗移動について

脱毛ラボは2010年にスタートした全身脱毛サロンです。パックプランと手ごろな月額制プランを用意しており、幅広い年代の女性から人気。各店舗が駅から近い場所に位置しているので、通いやすいのも人気の理由です。

脱毛ラボの店舗数は?毎回違う店舗で施術を受けられる?

脱毛ラボは、全国62か所に展開しています。都道府県のカバー率がかなり高く、店舗移動ももちろん可能なので、長く通うことを考えても安心ですね。

違う店舗で施術したい時の手続き方法は簡単。現在通っている店舗に電話連絡で必要事項の連絡を入れるだけ。その際必要な情報は

  • 「会員番号」
  • 「名前」
  • 「移動を希望する店舗」

の3点です。また、施術が終わった後に直接スタッフに伝えても店舗を変更することができますよ。

ですから予約が取れないから別の店舗で施術したい!という場合に他の店舗を予約することが可能です。
極端に言えば、毎回異なる店舗に行くこともできますが、店舗移動をする時には手数料として1,000円が必要な点に注意が必要です。

他のサロンは?

ここまでは、脱毛ラボの店舗移動について見てきましたが、気になるのは他のサロン。主だったサロンを取り上げてまとめていますので、確認してみてください。

脱毛エステ シースリー


出典:https://c-3-esthe.com/

シースリーは、いつでもどこでも、特別な手続きなしでどこの店舗でも利用可能な点が特徴のサロンです。手数料無料でさまざまな店舗で施術を受けることができます。店舗数は50店舗以上で、現在店舗数拡大中です。

ちなみに、「無料カウンセリングを受けた店舗」と「初回の施術を受ける店舗」が別でも問題ありません。店舗移動を利用するときは、次回行きたい店舗を予約するだけでOK。ですから、毎回異なる店舗での施術、というのも問題なし。

KIREIMO -キレイモ-


出典:http://kireimo.jp/

キレイモも好きな店舗で施術が受けられるので便利。こちらも手数料はかかりません。店舗数は52。

手続きは、通っている店舗に電話を入れて、今後通いたい店舗を伝えるだけ。夜遅くまで営業しているサロンなので、仕事帰りに通いたいけれど、いつもの店舗の予約が取れない…という時に便利です
手続きには1週間程度かかりますので、早めの手続きを行いましょう。

銀座カラー


出典:https://ginza-calla.jp/

銀座カラーも店舗の変更は可能で、手数料も無料です。店舗数は50。ただし、「契約後1回目の施術は、カウンセリングを受けた店舗で受ける」という条件があります。

店舗移動をする時には、現在通っているサロンに店舗移動を申し出るとカルテの移動をしてもらえますので、状況に応じて店舗を使い分けると良いでしょう。

コロリー


出典:https://colo-ree.com/

手数料なしで店舗の使い分けが可能。現在は全国に64店舗あります。
手続きは、今通っているサロンに連絡をするだけ。新しく通いたいサロンを施術希望日の数日前までに伝えましょう。そうすると、希望する店舗にカルテを送ってもらえるので、いつもと同じコースを受けられるようになります。
ですから、毎回サロンの使い分けが可能。

ミュゼプラチナム


出典:https://musee-pla.com/

ミュゼプラチナムも店舗移動が無料でできますので、その時の状況に応じて店舗の使い分けは可能です。ただし、カルテの移管作業が必要ですから、予約希望日の2日前までに予約を。

全国に180店舗あり、同一都道府県内でもいくつか店舗がありますので、店舗移動というシステムのメリットをかなり感じられるサロンと言えます。

クリニックの医療脱毛の場合は?

クリニックでの医療レーザー脱毛を考えている人もいるかもしれません。
しかし医療脱毛を行っているクリニックは、全国展開しているということが少ないため、店舗移動についてはそもそもサービス対象外というクリニックも多いです

ただ、中には店舗移動可能なクリニックもあります。例えばリゼクリニックは、「直営院間であれば移動可能」としているように一部制限はあるものの、基本的に店舗移動は可能です。

まとめ

住むところが変わった時などに便利に利用できる、店舗移動のシステムについて説明しました。

店舗の移動は、意外と手軽にできるという印象を持った方も多いのではないでしょうか?脱毛は比較的長めの期間サロンに通うもの。ライフスタイルの変化に合わせて、脱毛も上手に進めていきたいものですね。

※スポンサードリンク※