服の隙間からチラッと見える服を着た時や水着を着た時など、胸のムダ毛って薄いし細いけど意外と気になります。でも、胸や乳輪周りなどのムダ毛について、気になっていても恥ずかしくてなかなか「どのようにしてる?」って他の人に聞きにくくないですか?

サロンやクリニックで脱毛してみようかなと思っても、「脱毛する範囲はどれくらいなの?」とか「どれぐらい通うの?」などいろいろと気になることが多いと思います

そのため、サロンやクリニックで胸の脱毛をする時のことについて、分かりやすく解説していきたいと思います。

胸脱毛について


サロンやクリニックで脱毛するときの胸の範囲は、鎖骨下からアンダーバストまでが一般的です。

胸は、身体の中でも皮膚の薄くデリケートな部分です。自己処理で皮膚に傷をつけてしまったり、色素沈着をおこしてしまったりすると美肌になれませんよね。また、バストの大きい方は、アンダーバストが見にくくて、きちんと処理ができないこともあります。

サロンやクリニックでは1人1人に合わせた施術となりますので、皮膚トラブルなどもなく安心できますよ。

胸を脱毛するメリット

キレイな胸に自信が持てる


出典:https://www.rizeclinic.com/parts/bust/

服の隙間からチラッと見える胸元やデコルテに自信が持てるようになりますよ。ムダ毛が生えていて、男性に落胆されることもありませんので、意中の男性の側に行っても安心です。

美肌になれる

ムダ毛を処理するとお肌に負担がかかります。自己処理なら、どうしても毛が生えてきますので、何度もムダ毛を処理することになり、処理する度にお肌へ負担をかけることになります。

サロンやクリニックで脱毛すると、お肌に負担なくキレイにムダ毛をなくすことができます。処理をする必要がなくなりますので、お肌への負担がなくなり、美肌になることができますよ。

サロンやクリニックでの施術のついて

一般的な施術について説明していきますね。

施術の流れ

サロンでは、光脱毛を取り入れているところが多いです。レーザーでの脱毛を実施しているのがクリニックです。光の出力の大きさが違うだけで、レーザー脱毛と光脱毛の脱毛原理は同じです。そのため、施術自体は、サロンもクリニックも同様の流れとなります。

1.事前準備

サロンやクリニックで施術する1~2日前に自宅でシェービングする必要があります。黒いメラニンに反応する機器を使用しているため、毛が伸びていると施術できません。

お肌を傷つけないようにムダ毛を処理しておきましょう。ケガをすると施術できませんので、電気シェーバーならお肌に負担をかけず、キレイにシェービングできますよ。

シェービングした後は、乾燥しやすいですので、必ずローションなどで保湿してくださいね。

2.お手入れ当日

お肌チェック
お肌に傷がないかなど施術可能かどうか確認します。日焼けしていると施術を断られる場合があります。夏場は特に鎖骨付近などを日焼けしないように服装に気を付けましょう。

ジェルを塗る
光で受ける肌ダメージを最小限に抑えるため、お肌に冷却ジェルを塗ります。ジェルの中には、毛を生えにくくする成分が入っていますので、光と抑毛成分とのW効果を得られます。

照射

出典:https://www.rizeclinic.com/parts/bust/

光やレーザーを照射します。

クールダウン
お肌へのダメージを少なくするため、お肌を冷やします。お肌に塗った冷却ジェルを拭き取りますが、美肌成分が含まれていますので、お肌がツルツルになりますよ。

3.アフターケア

施術後は、お肌が敏感になっています。施術当日の飲酒や激しい運動は避けましょう。また、お風呂もシャワー程度にしておいた方がいいでしょう。施術翌日以降もお肌の乾燥を防ぐため、保湿を心がけたほうがいいですね。

所要時間

胸や乳輪周りだけの施術なら、開始から終了まで約20分ぐらいです。胸は痛みを感じにくい部分ですので、スムーズに施術できます。

施術時の姿勢


出典:https://www.rizeclinic.com/parts/bust/

上半身だけの施術になりますので、下半身は着替えなくても大丈夫です。上半身だけサロンやクリニックが準備したものに着替えます。脱毛する部分以外はタオルなどで隠して施術してくれますので、恥ずかしくありません。

胸の大きい方は胸を持ち上げて、アンダーバストもきちんと施術してくれます。自分では確認しにくかったところまでキレイにしてくれます。

また、乳輪は色素が濃いため施術できません。そのため、乳輪周りは慎重に施術をしてくれますよ。

胸や乳輪周りを脱毛した時のリスクとは


出典:https://www.rizeclinic.com/parts/bust/

サロンの光脱毛より強力なクリニックのレーザー脱毛でさえ、皮膚の奥まで影響を与えません。なぜなら、皮膚の毛根に対して、影響があれば十分脱毛できるからです。そのため、乳がんなどに罹患するといった病気リスクは存在しません。

しかし、脱毛に伴う皮膚に炎症などが起こるリスクがあります。

施術直後の赤み

引用元: https://www.rizeclinic.com/risk/edema.html

個人差はありますが、施術後の皮膚に赤みや点状のむくみが見られることがあります。大体、翌日に治まることが多いです。ワキやVIOなど毛が濃く太い部位に発生しやすいです。胸はうぶ毛が多いですので、あまり心配しなくてもいいでしょう。

毛嚢炎(もうのうえん)

引用元: https://www.rizeclinic.com/risk/folliculitis.html

施術時の熱によって毛穴は殺菌されますが、熱はバリア機能を弱めてしまいます。そのため、毛穴に雑菌が入って、炎症を起こしてしまう可能性があります。この炎症が毛嚢炎です。施術後はお肌を清潔に保つことで防ぐことができます。

硬毛化・増毛化

引用元: https://www.rizeclinic.com/risk/increase.html

レーザーや光を照射することによって、毛が抜けるのではなく、逆に毛が濃く太くなったり(硬毛化)、増えたりする(増毛化)場合があります。脱毛を行う方の10%ぐらいの方に確認されています。

うぶ毛など毛が細く薄い部分で起こりやすい現象ですので、胸の脱毛ではリスクがあります。原因が解明されていませんので、予防法などは分かっていません。施術を続けると脱毛はできますが、施術回数が増えてしまいます。

増毛化・硬毛化した時の保証がある脱毛サロンやクリニックを選びましょう。保証が無ければ、追加で料金が発生したり、増毛化・硬毛化した状態で解約することになりますよ。

火傷


出典:https://www.rizeclinic.com/parts/bust/

メラニン色素に光が吸収されるときの熱を利用して、毛根にダメージを与えて脱毛しています。なるべく毛の太さや肌の色など1人1人に合わせるように設定していますが、大変難しいものです。火傷リスクが全くないとは言い切れません。

胸の脱毛には何回ぐらい通うの?

メラニン色素に反応する機器を使用しているサロンやクリニックが多いため、濃く太い毛には効果が出やすいです。しかし、胸は薄く細いうぶ毛が多いため、脱毛効果が出にくい部分です。そのため、施術回数を重ねる必要があります。

胸・乳輪周りの毛を気にしている女性は数多くいらっしゃいます。
この部位の毛は全身の中でも薄く、産毛に近い方がほとんどです。
産毛は医療レーザー脱毛のしくみ上、太くて丈夫な毛に比べて反応が弱いので、効果をご実感いただけるまでに時間がかかります。

出典:https://www.rizeclinic.com/parts/bust/

毛量や毛質、肌質などによって施術回数が1人1人違いますので、サロンやクリニックで無料カウンセリングを受けた時にスタッフさんに確認してください。

クリニックのほうが脱毛機器の出力が大きいため、施術回数は少なくなります。その代わり、脱毛サロンより痛みがありますよ。

まとめ

普段は服で隠れていることが多い胸ですが、不意に見えてしまう事のある部分です。キレイにしておいて損はありません

薄く細いうぶ毛が多い胸は、脱毛効果が出にくいですが、気長にサロンやクリニックに通うと脱毛できる部分です。乳がんなどの病気リスクはありません。

施術の技術をきちんと持っていて、施術する際のリスクを保証してくれるサロンやクリニックなら心配ありません。不安に思っていることをサロンやクリニックで実施されている無料カウンセリングで確認して、安心して施術できるサロンやクリニックを選びましょう。