今はもう、脱毛する人の間では常識となっている「VIO脱毛」。若い人の間だけではなく、年配の方でもサロンに通う人も多いのだとか。そんなVIO脱毛ですが、さまざまな楽しみ方があることを知っていますか?ただ形を整えるだけではない、VIO脱毛の楽しみ方をお教えします!

VIO脱毛の基本

簡単に言うと、デリケートゾーンの脱毛のことを「VIO脱毛」と呼びます。VIOとは、ビキニラインを指す「Vライン」、陰部の両側を指す「Iライン」、肛門のまわりを指す「Oライン」の3か所のこと。この3か所の脱毛をしていきます。

ハイジニーナ脱毛って?

VIO脱毛のことを調べているうちに必ず出てくる単語が「ハイジニーナ脱毛」。これは、Vライン、Iライン、Oラインに生えている毛を全て脱毛すること。すなわちアンダーヘアを完全にツルツルに脱毛することをハイジニーナ脱毛と呼んでいます

VIO脱毛のメリット

Vライン、Iライン、Oラインの脱毛を行うと次のようなメリットがあります。

見た目がキレイになる

アンダーヘアの処理を忘れたまま、下着や水着を着ることになって「ヤバい!」と思った経験、ありませんか?きちんと処理をしていればムダ毛がはみ出す心配は全くありません。アンダーヘアを脱毛したいと思う人のほとんどが、この点を目的にしているのではないでしょうか。

衛生的

生理のときの経血や排泄物が毛にがつかないので、デリケートゾーンを清潔に保てるというメリットもあります。脱毛をした人からは、「生理のときにとても楽」という声が圧倒的に多いんです。ムレが気になっている人にもオススメですよ。

サロンやクリニックで行うことで、安全に脱毛できる

VIO脱毛に関しては、サロンやクリニックなど専門のところにお任せすると、キレイに仕上がります。

デリケートな部分だからこそ、クリニックで安全に脱毛をおこなうことが大切です。
また、VIO脱毛はデリケートゾーンを清潔に保つことができるため、月経時のニオイやかゆみの軽減にもつながります。

出典:https://www.aletheia-clinic.com/depi/vio.html

デリケートということもあり、特にIラインやOラインなど、自分では脱毛することが難しい部分ですから、無理に処理しようとすると傷をつけてしまうこともあります。

VIO脱毛をすると決めたら、まずVラインの形を決めよう

VIO脱毛の仕上がりにはさまざまな形があります。特にVラインについては仕上がりの形を考えることが必要です。
VIO部分全てを完全に脱毛(ハイジニーナ)にする方法もありますし、全て処理するのに抵抗があるなら、ある程度の毛を残して形を整えると言う方法も。最初はどんな形にするのがいいかわからない人もいるでしょうから、そんな時はスタッフと相談してみて。

定番の形としては、下記のようなものが挙げられます。


画像引用:https://datsumo-labo.jp/knowledge/knowledge05/datsumo02.html

逆三角形型(トライアングル型)


出典:https://www.rizeclinic.com/parts/vline/#ordermade

最もシンプルな形なので、この形を選ぶ人が多いです。元の形と似た仕上がりになるので、抵抗をあまり感じずにすみます。「下着から見えなくなる程度でいい」と言う人はこちらの形を。

Iライン型


出典:https://www.rizeclinic.com/parts/vline/#ordermade

すっきりとした細長の四角形に整える「Iライン型」は海外の女性の間では人気の形。5センチ以下の幅に整えたものをそう呼びます。脱毛した、と言うことがはっきりわかる形になるので、自然な仕上がりにしたい人には不向きと言えるでしょう。

オーバル型(たまご型)

小さめの形に整えたい、でもIライン型には抵抗がある、と言う人にオススメの形。毛を残した部分が大きい場合は自然に見えますし、小さめにした場合はセクシーな印象に。丸みのある形なので、女性らしい優しさを感じると人気の形です。

Uライン型

正面から見ると、アルファベットのUのような形。こちらも自然な形なので、脱毛をしているけれど脱毛しているようには見せたくない、と思う人はこの形を選ぶといいでしょう。ただし、小さめの下着をつけた場合は、下着の形によってはアンダーヘアが見えてしまうかも。

スクエア型

Iラインと似てはいますが、横幅が5センチを超える形になるように整えたもの。台形や正方形に近い形になります。Vラインに沿った形の台形に整えた場合は自然な印象に。

ブラジリアンスタイル(ハイジニーナ)


出典:https://www.rizeclinic.com/parts/vline/#ordermade

アンダーヘアを残さずに処理する形になりますので、処理後はとても快適、という人が多いようです。ただ、全てなくすのには抵抗がある…という人も多いですよね。ただ、アンダーヘアを処理していくうちに、全て処理してしまいたい、と考える人もいるそう。また、意外と男性に人気なのだそう。

そのほかの形(ハート形など)


画像引用:https://www.rizeclinic.com/parts/vline/

サロンによっては、ハート、星、ダイヤなど、さまざまなモチーフをかたどってくれるところもあります。とても個性的な仕上がりになるので、アンダーヘアの形で楽しみたい人にはオススメ。ただし、対応できるところが限られてきますので、こういった希望があるのであればサロンのスタッフに相談してみましょう。

IラインとOラインは、どうしたらいいの?

Vラインは自分でも見える場所なので形もイメージしやすいのですが、IラインとOラインは普段自分では見ることがあまりない場所。ですからどのように処理してもらったら良いかわからない、という声もよく聞きます。

Iライン


出典:https://www.rizeclinic.com/parts/vline/#ordermade

この部位については、「全て処理」を選ぶ人が過半数のよう。残りの人は「前の方は少し残して、残りは全て処理」をしているようです。Vラインとの繋がりが不自然にならないように整えるのが一番重要です。

Oライン


出典:https://www.rizeclinic.com/parts/vline/#ordermade

Oラインは、自分でもムダ毛が生えていることを自覚しにくい場所ですよね。ここは「全て処理」をする人がほとんどです。

IラインもOラインも、Vライン単品メニューとして用意しているサロンが多いですが、どうせならVIO全て一気に処理してしまいましょう。その分必要な時間も短くすみます。

アンダーヘアの量を減らしたい場合は?


VIO脱毛をする際に、形を整えるのはもちろんですが、「薄くしたい!」と思う人も多いですよね。もちろん、量を減らすこともできますが、サロンやクリニックで何度か処理をしてもらうことが必要です。

一つ覚えておきたいのが、薄くするためには最低1回「全剃り」をする必要があるということ。今生えているアンダーヘアを全て剃って照射を行うことで、次に生えてくる毛がだんだん薄くなっていきます。逆に最初から形を決めてしまうと、残った部分だけモサっとしてしまい、逆に不自然になってしまう場合も。

ふわふわの柔らかい毛が生えてくるというメリットもあります。処理が終わるまでは少し恥ずかしいと感じるかもしれませんが、後から「やって良かった」と思うはずです。

サロンでの脱毛前に!自宅でVIOの形を整えるには?


VIO脱毛をしたい時、サロンによっては、施術の前の日にシェービングをしてきてくださいね、というところもあります。この時に注意したいことは下記の通り。

  • カミソリは使わずに、電気シェーバーを使おう

  • ムダ毛の自己処理にカミソリを用いている人は多いのですが、デリケートゾーンの処理の際にはカミソリは不適。なぜかというと、肌が柔らかい上に皮膚も薄いから。ですから、普通のカミソリを使うと傷を作ってしまったり、カミソリ負けを起こしてしまったりする危険が高いのです。
    皮膚に直接刃が当たらない電気シェーバーなら、安全に処理することができます。

  • 長すぎる毛は事前にカットしておく

  • これがアンダーヘアを処理する時の一つ目のポイント。ハサミなどで長い毛をカットしておきましょう。長い毛のまま処理しようとすると、シェーバーに毛が巻きついたりして非常に処理がしにくいのです。

  • 上手に形を整えるために型紙を使うという手も

  • 「形も決めてきてくださいね」とサロンで言われた場合、自分で理想の形を作るのはとても難しいものです。そんな人のために、アンダーヘアの形を決めるための型紙を使うとキレイに形を作ることができます。インターネットで販売しているので、普通のお店で買うのが恥ずかしい、という人も安心。

まとめ

本記事では、VIO脱毛の基本から形など、さまざまな説明をしてきました。せっかく脱毛するのだから、自分の理想の形を見つけて、楽しみながら脱毛をしてくださいね。